ブログパーツマイリスト

無料ブログはココログ

« 「デビルメイクライ」を、そう読むか? | トップページ | 安倍内閣の世論調査・支持率の比較 »

2007年8月30日 (木)

世界陸上に思う

私は、高校のとき、800mをやっていたので、世界陸上は見るのよ。

それにつけても思うのが、選手の顔ぶれだ。

これは陸上に限らず、野球とサッカー以外の全てのスポーツにいえると思う。

オリンピックやワールドカップを見ると、強い国では、連続出場している選手はとても少ない。ほとんど世代が変わっているのだ。

やはり、新しい世代がどんどん育つ国は強くて、その中で4年間、国内ランキング上位であり続けることは厳しいのだろう。

だから、カール・ルイスが3大会連続で出場(走り幅跳びね)した時、彼がトラックに現れただけで、会場中が拍手した。

サッカーでも、ワールドカップに2大会連続出場するのは、とても厳しい。

野球でも、次のワールドベースボールクラシックに連続出場するのは、相当に厳しいだろう。

それに対して、陸上やスキージャンプでは、同じ顔ぶれが続いている。

単に選手層や競技人口が薄いという問題ではないのは、私も陸上をやっていて、感じている。
それは次回。

« 「デビルメイクライ」を、そう読むか? | トップページ | 安倍内閣の世論調査・支持率の比較 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217868/16281574

この記事へのトラックバック一覧です: 世界陸上に思う:

« 「デビルメイクライ」を、そう読むか? | トップページ | 安倍内閣の世論調査・支持率の比較 »