ブログパーツマイリスト

無料ブログはココログ

« ソニー Cell生産から撤退 ソニーの損得勘定は如何に? | トップページ | らき☆すた最終回 「もってけセーラー服」:髪とスカートがダンスにシンクロ »

2007年9月17日 (月)

ネオテック閉店に思う 100円のボールペンと1万円の万年筆。どちらも字は書けるさ

秋葉原のネオテックが閉店した。

インターネット通販で、10月ごろ再開とのことだが、さびしい限りだ。

実店舗があればこそ、Unicompのバックリングスプリングを知ることができた。
わたしもTypeMatrixに触り、購入した。

安いキーボードのおざなりなキータッチしか知らない、それを当然と思う人たちが増えていくというのは、よくないと思う。

私はあまり買おうと思わないが、RealForceが売れると嬉しい。

そんなにキータッチにこだわる必要はないのかもしれないが、私は子供に残すために、バックリングスプリングを一台欲しいと思っている。

こういう文化があったことを、ちゃんと残したい。

いまのCutkeyも予備でもう一台欲しいと思っている。

ネオテックが再オープンしたら、購入しようかな。

少々感傷的になってしまった。

昨日伺ったら、大阪から駆けつけた人やメカニカルの軸にこだわって半田付けしてしまう人など、多くの人たちが着ていた。

« ソニー Cell生産から撤退 ソニーの損得勘定は如何に? | トップページ | らき☆すた最終回 「もってけセーラー服」:髪とスカートがダンスにシンクロ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217868/16479924

この記事へのトラックバック一覧です: ネオテック閉店に思う 100円のボールペンと1万円の万年筆。どちらも字は書けるさ:

« ソニー Cell生産から撤退 ソニーの損得勘定は如何に? | トップページ | らき☆すた最終回 「もってけセーラー服」:髪とスカートがダンスにシンクロ »