ブログパーツマイリスト

無料ブログはココログ

« ソニー Cell生産から撤退 ~通信、放送、パッケージメディアを融合させるPS3 | トップページ | ソニー Cell生産から撤退 ~なぜ、東芝はCellを買ったのか? »

2007年9月19日 (水)

久しぶりに増設 ~自作PCの衰退の原因

昔のパソコン(WindowsNT4.0&PentiumPro)のデータをサルベージしたくなった。ただ、HDDがUltraWide SCSI。TekrumのDC-390Uをさしたところ、認識しない。(結局、さし方が悪かったらしい)

Imga0050



しかたがないので、UltraWideSCSIのカードを買った。昔は高級品で手が出なかったAHA-2904UWが、じゃんぱらで600円。
でも、うまく認識せず、デバイスマネージャーに7つも現れる始末。
また、秋葉原を俳諧して、テクノハウス東映でゲット。100円なり。もうこんな価値しかないのね。

Imga0051



結局のところ、ケースとマザーボードの寸法が合っておらず、PCIスロットに深く刺さらないことが原因で、最初のAHA-2940UWが正常に動作。
さすが安いケースはつくりがいい加減だ。

それはさておき、めでたく認識したSCSIカードは、もう抜いてしまった。
なぜなら、SCSIを接続する必要がないから。HDDはSATAが十分速く、ストレージデバイスもMOやDDSより、DVDに焼いた方が楽だし安い。プリンタやスキャナーといった周辺機器は全てUSB。

つまりSCSIはレガシーなのだ。USBと4.7GBのDVDに駆逐されたと言える。

そして、音源もビデオもLANもオンボードになった今、パソコンのケースを開けるのはメモリーとCPUを交換するくらい。

いじる機会がないのだ。やりたいことが最初からセットになっている。CPUの交換だけじゃ、自作&増設の市場は縮小するしかない。
PentiumProのマザーボードには、LANカード、サウンドカード、ビデオカード、SCSIカードとスロット一杯刺さっていた。

手軽さを求めた先が、何もすることのないとは、皮肉なものだ。

そして、もうひとつ。
マザーボード上のとっつきやすさが、もうバラバラだ。
SATAはコネクタも洗練されとても分かりやすい。それに対し、電源スイッチやFANやUSBポートを接続する小さなコネクタがとても分かりにくい。
SATAなら素人でも増設できる。でもUSBポートや電源スイッチをつけるのは苦労する。これって変じゃない?

気軽にマザーボードを入れ替える、とはできまい。

結局のところ、

1.増設の必要性がなく、USBで何でもつながる
2.マザーボードを変えようとすると、とっつきやすさがバラバラ

これが自作&増設の市場が、マニアだけのものになってしまい、縮小した原因のような気がする。

つまらんネタだなあ。

« ソニー Cell生産から撤退 ~通信、放送、パッケージメディアを融合させるPS3 | トップページ | ソニー Cell生産から撤退 ~なぜ、東芝はCellを買ったのか? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

SCSIもいまや100円の価値しかないですよね。
私は1997年末から自作ユーザーですがそのときは新品の
AHA-2940Uのリーテル版が25000円でした。
今や懐かしいPC-98対応だったような気がします。
自作デビューの時からSCSI派です。
IDEでも組んだことがありましたがすぐにHD
が壊れてしまい、SCSI一辺倒です。
自作もほとんど死語になりつつありますね。
ちなみに今もなお自作でのSCSIは現役です。
HDDは80ピンですが80pinから68pinの変換アダプタを使い
エロゲの自作PCとして動いています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217868/16496927

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに増設 ~自作PCの衰退の原因:

» 自作PCを完成した状態で販売されているところも多く [自作PCにはつき物のトラブル]
自作PCを完成した状態で販売されているところも多くLED類をどう配置するかなどの構成で以上のような構想を練っておく必要がありケースの大きさを決定してください。 [続きを読む]

« ソニー Cell生産から撤退 ~通信、放送、パッケージメディアを融合させるPS3 | トップページ | ソニー Cell生産から撤退 ~なぜ、東芝はCellを買ったのか? »