ブログパーツマイリスト

無料ブログはココログ

« Laox閉店に思うパソコンショップの苦悩 ~何を売るのか? | トップページ | ミャンマー取材のカメラマン長井氏は射殺ではないか »

2007年9月28日 (金)

「怪物王女」最終回に思う ストーリーと主人公の男の子は、一体何だったのか?

最終回で、言うのもなんだが、ゴスロリとバイオレンスを、萌えに仕立てようという試みは、新しいチャレンジでいいと思う。
面白いかどうかは別として…ね。

ただ、主人公(?)の男の子は、なんだったのか?
怪物王女にとっては残念だろうが、ごく普通であることはよい。
スーパーマンである必要はないのだが、何の努力もしないのだ。

何の戦士かよくわからないが、私が見た限り、何も成長していないのである。
せめて、ゲームしてないで、腕立て伏せくらいしろよ。ARMSみたいな狼少女の方が、ずっと役に立っている。
王女と下僕は、下僕が強いとダメなわけではない。

そうした、ストーリーが描かれていないと言うか、ハッキリしていない。
萌えだけでなく、最近のアニメは、きっちりとしたストーリーを作れなくなっているように思う。設定ばかりだ。

怪物王女だけではないが、キャラクターだけを立てる、歌舞伎で言う「見栄を切る」ことが、多いと思う。

あと、主題歌を「ALI PROJECT」(アリプロジェクト)が歌っているのに、凄い驚いた。今でも健在とは…うれしい限りです…
昔、「雨のソナタ」のプロモーションとして、FM埼玉で行ったライブに行ったことがある。ベレー帽をかぶった女の人がやたら多く

来ており、何かの記号かと思った。今でも分からない。
引き出物は、マフラー。確かに冬だったが…次回紹介。

« Laox閉店に思うパソコンショップの苦悩 ~何を売るのか? | トップページ | ミャンマー取材のカメラマン長井氏は射殺ではないか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217868/16595610

この記事へのトラックバック一覧です: 「怪物王女」最終回に思う ストーリーと主人公の男の子は、一体何だったのか?:

» 怪物王女 2007/09/12~10/12 [最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第三倉庫 アニメ・漫画作品]
怪物王女についての最近の情報です。 [続きを読む]

« Laox閉店に思うパソコンショップの苦悩 ~何を売るのか? | トップページ | ミャンマー取材のカメラマン長井氏は射殺ではないか »