ブログパーツマイリスト

無料ブログはココログ

« フォントにはまる | トップページ | Input Device Maniacs No.14 マウスジェスチャー シンボルコマンダー »

2007年10月17日 (水)

岡田斗司夫氏は間違っている。とても残念

オタキング・岡田斗司夫氏が、氏の著作のアイデアをまねたアプリケーション「いいめも」について、抗議したのはとても残念。

1.アイデアは保護されない。
 著作権をはじめとして、他の知的財産権である特許、商標、意匠のいずれにも当たらず保護されない。
 アイデアを、技術(特許)、図案(商標)、著書・プログラム(著作権)、ものの形(意匠)、等にして、初めて権利が付与される。
 氏の著作物を、そっくり登用した書籍を出版していたら、著作権侵害にあたる可能性もあるが、本件はまったく該当しない。

2.今回の場合、もし主張するなら
 「いいめも」が岡田斗司夫氏の名前や「いつまでもデブと思うなよ」を勝手に用いて、商売した場合、需要者(利用者ね)が「岡田斗司夫と関係がある」と誤認する可能性があるので、不正競争防止法2条1項1号または13号の抵触を主張すべきだった。

 ただし、その場合、「岡田斗司夫」に関係があると誤認させる記述を止めさせるものであり、サービス自体をやめさせるものではない。
 よって、不競法違反を主張しても、氏の望む結果にはならない。

3.今回の主張していることは・・・
 例えば、タッチパネルを使ったカーリングのゲームがあるとする。
他のメーカが、同様にタッチパネルを使ったカーリングのゲームを発売すると、「タッチパネルを使ったカーリングゲームのアイデアは、こっちの核心だから使うな」ということになる。
 残念ながら、どう争っても勝ち目は無い。それどころか、営業妨害として逆に提訴される可能性もある。それなりの企業なら、風評被害を払拭するため提訴する。

4.残念なこと
 岡田斗司夫氏は、著作者であり、アニメや書籍など著作物を提供する側の人間である。それなのに、著作権をぜんぜん理解できていないことを知らしめてしまった。
 岡田斗司夫氏と組んでビジネスをやろうという人は、かなり考えてしまうのではないだろうか?

« フォントにはまる | トップページ | Input Device Maniacs No.14 マウスジェスチャー シンボルコマンダー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217868/16782736

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田斗司夫氏は間違っている。とても残念:

« フォントにはまる | トップページ | Input Device Maniacs No.14 マウスジェスチャー シンボルコマンダー »