ブログパーツマイリスト

無料ブログはココログ

« AsiaGraph 由水 桂氏のセミナーを聞いた | トップページ | フォントにはまる »

2007年10月15日 (月)

亀田親子の処分は厳しすぎる。勝利していたら罰したのか?

亀田親子の処分は、厳しすぎると思う。

確かに、反則は許されるものではないし、あの親子は好かん。

しかし、反則を罰するなら、試合中に反則負けにしなければならない。

終わった後、しかも負けた後で、反則をあげつらうのは、非常に好かん。

もし、亀田選手が勝利していたら、反則で罰したか? おそらく罰しない。
負けたから、遠慮なく叩いているのが、見え透いている。

そして、亀田親子は、たとえ悪くても、ボクシングに注目を集めた。
会社で広告宣伝をやっていれば、あれほど注目を集めるのが、どれほど大変か、想像に難くない。
ショービジネスに身をおく人間なら、身に沁みて感じているだろう。
反則は決して許されないが、功績は決して無視してはいけない。

かつてのブッチャーのような、ちゃんと「ヒール」が、「ヒール」として存在でき、ヒーローにもなれる、そんな文化的な土台が大事だ。

品行方正な人間ばかりもてはやされたり、TBSのようにムリヤリ正当化や擁護したり、負けたら掌を返したように集団で叩くような、今の風潮は良くない。

« AsiaGraph 由水 桂氏のセミナーを聞いた | トップページ | フォントにはまる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217868/16772918

この記事へのトラックバック一覧です: 亀田親子の処分は厳しすぎる。勝利していたら罰したのか?:

» ボクシング 亀田親子に対する処分 [ザッキ]
ボクシングの亀田親子及び関係者に対する処分が発表されました。 処分内容亀田大毅( [続きを読む]

« AsiaGraph 由水 桂氏のセミナーを聞いた | トップページ | フォントにはまる »