ブログパーツマイリスト

無料ブログはココログ

« Intel in Akiba 三日目レポート その2 | トップページ | 住宅ローンはリスク。35年で倍返し »

2007年12月26日 (水)

今がAthlonの買い時だ

私は2005年12月にAthlon64 3200(Socket939、AM2はなかった)を買った。

そのときは、SocketAM2のAthlonはスキップして、Socket939のCPUをアップグレードして、使い倒すつもりだったが、939に投資すべきでないように思う。
939とAM2のAthlonを比べてみよう。

939
最高:FX60:2.6GHz、1MBキャッシュ、TDP110W
狙い:4200:2.2GHz、512KBキャッシュ、TDP89W
Socket939では、TDP89W最速が狙いなので、4200になる。coneco.netでもまだランクインしている。

AM2
最高:6400:3.2GHz、1MBキャッシュ、TDP125W
   6000:3.0GHz、1MBキャッシュ、TDP89W
狙い:5200:2.6GHz、1MBキャッシュ、TDP89W(ゲーム用)
   5000:2.6GHz、512KBキャッシュ、TDP65W(ノンゲーム)
   BE-2350:2.1GHz、512KBキャッシュ、TDP45W
AM2では、TDP65W最速が狙いで、5000になる。Black Editionは本当にいいところをついている。

そして、消費電力とパフォーマンスを比べると、939とAM2の差はとても大きい。
ちょうど、939最高のFX60が、AM2ミドルレンジの5200(TDP89W)。
4200と同程度のBE-2350を比べると、TDPは89Wと45W。半分になる。
そして、価格的には、5200、BE-2350ともに約15,000円なので、エントリークラスになってしまう。

だから、939の4200が相当オトクに入手できなければ、939に投資する意味は薄い。
CPUを磨き上げていく、AMDの場合、買い時は、最後のAM2のAthlonなのだろう。
つまり、5000Black Editionか、BE-2350になる。

そして、マザーボードをAM2+にしておけば、Phenomが使える。最もバランスのよいAthlonを選んでPhenomに行くのがいいだろう。

« Intel in Akiba 三日目レポート その2 | トップページ | 住宅ローンはリスク。35年で倍返し »

AMD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217868/17487279

この記事へのトラックバック一覧です: 今がAthlonの買い時だ:

« Intel in Akiba 三日目レポート その2 | トップページ | 住宅ローンはリスク。35年で倍返し »