ブログパーツマイリスト

無料ブログはココログ

« 本の森のアリス 裏神保町に迷え | トップページ | 世の中には凄いキーボードがあるもんだ »

2007年12月17日 (月)

「聖夜は性夜」は見当違い

日本のクリスマスといえば、カップルのためのものだが、それに批判的な記事がある。

「10年ほど前のテレビドラマかその主題歌の影響なのか詳しいことは知らないが、若い男性が「クリスマスイブ」に恋人の女性に高価なプレゼントをして、恋人 同士で「高級ホテル」で食事をしたのち、そのホテルで未婚の二人が「一夜」を過すというものである。そのため多くのホテルでは半年も前からこうした客の予 約で満員だという。

 もちろん未婚の男女がどのような「恋」の形態をとろうが自由である。

 しかし本来、キリスト教徒にとっては12月24日の「クリスマスイブ」とは、教会に行き賛美歌を歌い静かに明日を迎える大切な「聖夜」である。

 日本の一部心ない若者によって「性夜」にされてしまっているのは残念なことである。」

しかし、これは見当違いだ。

クリスマスをカップルのためのものにしたのは、「心無い若者ではない」ではない。
バレンタインと同じように、金儲けの商業主義で、宣伝した大人たちなのだ。
マスメディア、広告代理店、ホテル、飲食店、宝飾、服飾などの業界だ。
そこを勘違いしているのは、とても”痛い”。

日本では、バレンタインは女性からチョコレートを送るが、すべての要素が間違っている。

まあ、宗教が原因で争いが起きるより、いいと思うが。

« 本の森のアリス 裏神保町に迷え | トップページ | 世の中には凄いキーボードがあるもんだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217868/17398141

この記事へのトラックバック一覧です: 「聖夜は性夜」は見当違い:

« 本の森のアリス 裏神保町に迷え | トップページ | 世の中には凄いキーボードがあるもんだ »