ブログパーツマイリスト

無料ブログはココログ

« デザインフェスタ レポート スライドショー | トップページ | 暴走老人と刑務所に入りたい若者 »

2007年12月 4日 (火)

ブログは死に行くのか、ブログはトイレットペーパー

スラッシュドットの記事を見て、なんというか、いよいよインターネットが薄っぺらくなってきた感じがする。

ブログに、自分の意見や感想をまとめる人が減っていて、短いコメントを書き散らすか、というものだ。

しかし、ブログもウェブサイトに比べると、十分書き散らしだ。
はっきり言って、ブログはウェブサイトと比べると、トイレットペーパーのようだ。
その時読んで、二度と省みられない、読み捨てられるものが多い。

私は、そうならないようにしたいが、時事ネタは、読み捨ての記事になりやすい。

ただ、12年前に、同じことは言われている。「インターネットは空っぽの洞窟」という本だ。
書評1書評2書評3

ただ、意見や感想をまとめることが減ったのは、大衆化なのかもしれない。
ウェブサイトを作るのは、大変だ。ブログのほうがずっと手軽。
その代わり、制約が多い。特に、関連する記事やデータをまとめる機能が弱い。
そしてウェブサイトの作りも、ちょっと変わってきている。

また、次回。

« デザインフェスタ レポート スライドショー | トップページ | 暴走老人と刑務所に入りたい若者 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217868/17268039

この記事へのトラックバック一覧です: ブログは死に行くのか、ブログはトイレットペーパー:

« デザインフェスタ レポート スライドショー | トップページ | 暴走老人と刑務所に入りたい若者 »