ブログパーツマイリスト

無料ブログはココログ

« AMD 兄貴が退職~ダイショックだよ | トップページ | 萌えデザインに変更~ブログ妖精ココロ »

2009年12月29日 (火)

CPUロードマップ CESでわかること

年が明ければCES開催なので、IntelやAMDの発表を予想。

AMDは、Intelにビハインドを負っているから、いろいろアピールする必要がある。

1.GlobalFoundariesとAMDの差異

11月のAnalyst dayで、AMDはBulldozerコアを2011年から、GlobalFoundariesは32nmを2010年のQ3から、と差異があった。
単にBulldozerのサンプル出荷が10年Q3なのか、32nmのK10やRV8x0がローンチされるのか、興味があるね。
プライオリティは、BulldozerとRV8x0の32nmだろうが、32nmのベンチマークとしてK10は意味がある。

2.Bulldozerのアーキテクチャ
 あんまりアーキテクチャを宣伝しても意味はない。ベンチマークなしではアーキテクチャの優劣の話は絵に描いた餅だ。
 アーキテクチャより、eDRAMを採用するとか、メタルゲートで電力効率が何パーセントアップするとか、性能向上を期待させる話の方が重要なんだが、もう少し明らかになるだろう。

 予想としては、よりPOWERアーキテクチャになっているだろう。
伝統のAlphaっぽい、ALU(整数と論理演算をするユニット。I-pipeのこと)とAGU(アドレス生成ユニット)のペアの構造ではなく、POWERのブランチプロセッサのように、スケジューラーがアドレスを作って、ALUに流し込むだろう。
 BobcatではI-pipeとLd/St-pipeに分かれているので同じ。Bobcatのシンセサイザブルがどうなるのか、そっちの方が重要だ。
 スケジューラから発行された2命令を同時にI-pipeで処理させるだけだから、2スレッドの実行にはならない。

3.C3ステッピングの展開とC4ステッピング
 C3ステッピングの全面展開の時期と、Q2のC4ステッピングが説明されるといいのだが。

4.Intelは余裕なのか
Clarkdaleと新Atomを発表したばかりなので、製品がたくさん並ぶけど、32nmのレポートで、Intelの32nmの評価がわかる。

AMDとIntelでは、CESの意味が違うね。

« AMD 兄貴が退職~ダイショックだよ | トップページ | 萌えデザインに変更~ブログ妖精ココロ »

AMD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217868/47141365

この記事へのトラックバック一覧です: CPUロードマップ CESでわかること:

« AMD 兄貴が退職~ダイショックだよ | トップページ | 萌えデザインに変更~ブログ妖精ココロ »