ブログパーツマイリスト

無料ブログはココログ

« iPadは「情報を消費する人」のパーソナルなインターフェース | トップページ | ヨーロッパでも「iPad」の商標は他の会社が出願済み »

2010年1月29日 (金)

日本でも「iPad」の商標は他の会社が出願済み

アメリカで、「iPad」は富士通により商標出願されているが、日本でも「スレート コンピューティング」という会社が、2009年に「iPad」を出願している。

・商願2009-58254
・出願日 2009年7月31日
・区分 9類の電気通信機械器具(コンピュータとかケータイの区分)、28類のゲーム機といったドンピシャの区分

商標には区分という分け方があり、ケータイやコンピュータの区分、自動車の区分、菓子パンの区分などに分かれている。
ケータイと自動車と菓子パンで、同じ商標があっても、普通は間違えないから、同じ名前があってもよい。

「アイパッド」は、ワコールが被服の区分で商標登録している(第4972803号、第558329号)が、無関係になる。

また、「iPad」に似ている商標が、同じ区分に既に出願・登録されていれば、拒絶されるが、「ハイパッド」「アイパット」など似ているものはなかった。
ほぼ「スレートコンピューティング」が先に「iPad」の商標権を取得する。

残念だが、アップルは「iPad」を使うことが出来ない。

« iPadは「情報を消費する人」のパーソナルなインターフェース | トップページ | ヨーロッパでも「iPad」の商標は他の会社が出願済み »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217868/47422587

この記事へのトラックバック一覧です: 日本でも「iPad」の商標は他の会社が出願済み:

« iPadは「情報を消費する人」のパーソナルなインターフェース | トップページ | ヨーロッパでも「iPad」の商標は他の会社が出願済み »