ブログパーツマイリスト

無料ブログはココログ

« CPU ロードマップ Bulldozerラインナップ予想 | トップページ | オススメの自作PCを見積もる~その1 »

2010年2月15日 (月)

CPU ロードマップ Bulldozerはモジュールをどうやってつなぐのか

Bulldozerのモジュールの構造について、よくわからない点が2点ある。

  1. インターフェース
  2. K10と同様に、クロスバーでつなぐのか、よくわからない。
    モジュールをクロスバーでつなぐと、2コアずつつなぐことになる。
    一つモジュールで処理するスレッドが、同じプロセスなら効率がよいが、そういう前提なのだろうか?
    別のプロセスから出されたスレッドを、一つのモジュールで処理すると、メモリアクセスがバラバラになるので、クロスバースイッチに負担がかかる。
    それが問題ないくらい、クロスバースイッチが速いのだろうか、ちょっと疑問。
    もしかしたら、リングバスで各コアごとにつなぎ、シームレスにモジュールを増減させる設計かもしれない。

  3. L3キャッシュの共有
  4. 1つのモジュールで、異なるプロセスのスレッドを処理するなら、モジュールごとに論理的に排他にはできないだろう。
    K10と同様に、コアごとに排他になるのか、制御方法が興味深い。

« CPU ロードマップ Bulldozerラインナップ予想 | トップページ | オススメの自作PCを見積もる~その1 »

AMD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217868/47578357

この記事へのトラックバック一覧です: CPU ロードマップ Bulldozerはモジュールをどうやってつなぐのか:

« CPU ロードマップ Bulldozerラインナップ予想 | トップページ | オススメの自作PCを見積もる~その1 »