ブログパーツマイリスト

無料ブログはココログ

« CPUロードマップ Bulldozerは、コンシューマとサーバの矛盾への回答 | トップページ | CPU ロードマップ Bulldozerはモジュールをどうやってつなぐのか »

2010年2月15日 (月)

CPU ロードマップ Bulldozerラインナップ予想

Bulldozerは、ダイサイズとTDPの低いモジュール数、L3キャッシュ、GPUを組み合わせて、ノートからサーバまで網羅する。
ラインナップを予想しよう。

1.TDPとクロック
パイプラインのステージ数が影響を与えるが、まだわからない。
NetBurstやPOWER6のように、ステージ数を増やせばクロックは上がるが、TDPは下がらない。
ノートPCでの利用やモジュール数を増やすなら、低いTDPが必須なので、ステージ数は多くできない。
POWER6のような4.7GHzや5GHzは無理だろう。
まず、32nmの最高クロックが4GHzに届くか否かだ。

2.モジュール数の作り分け
Phenomのラインナップには、高クロックの2コアという位置づけがない。
※Phenom II X2 555BEは3.2GHzで、X4 965の3.4GHzより低い。

4コアが取れないものを、3コア、2コアとして売るのは、歩留まり向上のため問題ないが、簡単に4コア化できることがネックになっている。
X4 965が売れなくなるから。

消費者的、マーケティング的には面白い。
しかし、コアを減らしても、そもそもクロックが上がらないのか、コア間のクロスバースイッチの設計上、コアを削る設計ができないのか、とても気になる。
ただ、エンコードやレンダリングをしないなら、4コアはいらないので、C3ステッピングのX2 555BEは、とても魅力的。

Bulldozerラインナップ予想
module core/thread L3 Cache Fusion clock TDP
Server 4module 8C/8T 8MB × ~3.4GHz ~140W
Enthusiast エンコード 4module 8C/8T 8MB × ~3.4GHz ~140W
Enthusiast メイン 2module 4C/4T 6MB × ~3.8GHz ~125W
Enthusiast ゲーム 1module 2C/2T 4MB × ~4.0GHz ~125W
Mainstream 2module 4C/4T × ~3.0G ~65W
Desktop replace note 2module 4C/4T × ~2.4G ~35W
Thin & Light note 1module 2C/2T × ~2.0G ~25W

« CPUロードマップ Bulldozerは、コンシューマとサーバの矛盾への回答 | トップページ | CPU ロードマップ Bulldozerはモジュールをどうやってつなぐのか »

AMD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217868/47578101

この記事へのトラックバック一覧です: CPU ロードマップ Bulldozerラインナップ予想:

« CPUロードマップ Bulldozerは、コンシューマとサーバの矛盾への回答 | トップページ | CPU ロードマップ Bulldozerはモジュールをどうやってつなぐのか »