ブログパーツマイリスト

無料ブログはココログ

« オススメの自作PCを見積もる~その2 Cyber Black | トップページ | 2010年Cebit 890GXよりSB850のAdvanced Clock Calibration »

2010年2月28日 (日)

オススメの自作PCを見積もる~その3 Quad Strike

前回に引き続き、お見積もり第二段。

  1. コンセプト:Quad Strike
  2. 子供のビデオ編集が手付かずなので、マルチコアで快適に出来るように構成。
    GPUのエンコードは画質が悪いので、CPUを利用し、GPUはお試し。
    高度な編集をしたいわけではなく、無駄をカットして、状況を説明するテロップを入れたいだけだが、DVテープだから時間かかるし、やるきが湧かないが、実際に組む可能性としてはこっちの方が高い。
    せめて、「4」にこだわる。

  3. キーパーツ:EDIUS Neo 2 Booster with FIRECODER Blu
  4. CPU以外で、ちゃんとエンコードするなら、アプリケーションがきっちりしているものを選ぶ。
    ただ、SpursEngineは、2008年からスペックが上がっていないので、CPUの方が速い。
    だから、時間短縮ではなく、アプリケーションによる高画質化やアップスケール、CPUの負荷分散でTDPを落とす、という目的で導入すべき。
    だから、前回の構成と違い、必須じゃない。

  5. メモリ:Corsair CMD8GX3M4A1333C7
  6. ビデオ編集はメモリアクセスの戦いなので、BEMPに対応して最適化しよう。
    PhenomII用の4枚セットでBEMPにも対応した、CorsairのCMD8GX3M4A1333C7にする。
    レイテンシが7-7-7-20だが、1333MHzなので、前回のOCZと同じぐらい。
    OCZのOCZ3BE1600C8LV4GKを2セットでないのは、4枚セットにこだわっただけ
    実際に見たが、背が高く、俺は熱いぜって感じで存在感がある。
    Black EditionにこだわるならOCZ、存在感がほしいならCorsair。

  7. キーパーツ:SunMax SMD-8G68HP-13H-D(4GBメモリ)
  8. ちょっと割高だが、64bit OSにあわせ、4GB×4で16GBに。
    ただし、アプリケーションが64bitでなければ意味が無い。
    3分に満たない、子供のビデオであれば、8GBで十分か。

  9. CPU:PhenomII X4 965 Black Edition
  10. FIRECORDERを導入するなら、X2 555にしてもいいかもしれないが、全部の処理をFIRECORDERがやるわけではないので、X4 965がよい。

  11. ビデオカード:Radeon HD 5750
  12. GPUでエンコードするなら、FIRECORDERもいらないし、CPUのスペックを落とせるが、画質が悪い。
    サンプルを見たが、これを送ったら、ジジババから機械が壊れていると連絡が来るよ。
    さらに、GPGPUは、まだ、ビデオカードのランクの差がわかりづらい。
    CGのビデオカードと同様、効果は漸減するから、ランクの差ほど違いはでないだろう。
    今は、お試し感覚で、5750か5770までが妥当だと思う。
    少なくとも、エンコード目的で高性能なビデオカードを導入することは、お勧めしない。
    GPGPUの利点は、FlashやIEなどの10.1対応による負荷分散だよ。

  13. ケース:Silverstone Raven 1
  14. ビデオカードや4コアなど熱源体が多いから、冷却のためのエアフローと静音性が必要で、さらにデザインを加えると、Silverstone Raven 1 ※生産終了しているので探す必要あり。
    煙突構造で正圧の排気は面白く、PCケースとは思えないデザインはいいが、驚くほど大きい(特に奥行き)ので、置けるか否か。
    物理的に置けない場合、家族が許してくれない場合、AntecのP183か。
    CPUやビデオカードのTDPを下げれば、冷却と静音に気を使わなくていいから、ケースの選択肢が広がる。

  15. マザーボード:GIGA-BYTE GA-790FXTA-UD5
  16. ケースにフロントパネルがついており、OC Stationと相性が悪いので、SATA3.0やUSB3.0が使える、GIGA-BYTEのGA-790FXTA-UD5。
    GA-770TA-UD3もSATA3.0やUSB3.0が使えるが、チップセットが770なので、790FXを選びたい。
    ただ、890FX+SB850を待ってもよい。待つか。待つよ。

  17. ストレージ:500GB×2台+NAS
  18. OS用、テンポラリーなデータ用、エンコードしたビデオを保存するアーカイブ用と、3階層に分ける。
    エンコードしたビデオは、基本的にDVDで送るし、DVDで保存すればいいので、アーカイブ用はいらない気もするが、HDDは邪魔にならないし、検索が容易だ。
    アーカイブ用なら、速度はいらないし、同じ筐体の中にある必要も無いし、バックアップが重要だからRAID機能のついたNASでもいいかも。

  19. 光学ドライブ:DVD
  20. ジジババがDVDなので、DVDでよく、子供の映像を送るのに、ブルーレイはいらない。
    送るたびに、ブルーレイが埋めるほど、子供の映像があるわけねえ。
    ハイビジョンなら、SDカードで送ればよい。
    BD-Rのメディアが1枚100円以上するなら、利便性と切手代からSDカードを選ぶ。

Quad Strikeおみつもり
カテゴリ 商品名 coneco.net最安値 備考
CPU X4 965BE 16,480円
マザーボード GIGA-BYTE GA-790FXTA-UD5 18,923円 890FXを待つか
メモリ Corsair CMD8GX3M4A1333C7 25,980円
ビデオカード Sapphire RADEON HD 5750 512MB 11,480円
光学ドライブ Baffalo DVSM-24AS/V 2,980円
ストレージ Western Digital Caviar Blue WD5000AAKS 9,960円 2台。NAS除く
ケース SilverStone RAVEN 1 19,680円 実際P183になりそう
電源 Antec Top Power TP-550AP 11,140円
Others EDIUS Neo FIRECORDER 52,500円 要らないかも
OS Windows7 Home Premium 64bit 13,000円 DSP版
合計 182,123円

« オススメの自作PCを見積もる~その2 Cyber Black | トップページ | 2010年Cebit 890GXよりSB850のAdvanced Clock Calibration »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

確かに、CUDA対応のソフトの方が多いので、悩みどころです。
使うソフトが決まっているなら、DirectX10.1より、CUDAを重視してもいいかもしれません。

そうでないなら、DirectX対応とパフォーマンスの面から、AMDを選んだ方がいいと思います。

最近のnVidiaはリネームばかりな上、カードを壊すドライバをリリースしたり、もうダメ。
私のnVidiaは7600GTで終わりです。

>GPGPUの利点は、FlashやIEなどの10.1対応による負荷分散だよ。

仰るとおりですね。
現状じゃ所詮GPUによる支援なんて動画再生位だし。
一般アプリケーションじゃ意識して選ばない限り使わない。

もっとも今、GPGPU用途も考慮して買うならNVIDIAだね、この会社の方がGPGPUに熱心だしね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217868/47691537

この記事へのトラックバック一覧です: オススメの自作PCを見積もる~その3 Quad Strike:

« オススメの自作PCを見積もる~その2 Cyber Black | トップページ | 2010年Cebit 890GXよりSB850のAdvanced Clock Calibration »