ブログパーツマイリスト

無料ブログはココログ

« オススメの自作PCを見積もる~その3 Quad Strike | トップページ | オススメの自作PCを見積もる~その4 マザーボードに悩みたい »

2010年3月 3日 (水)

2010年Cebit 890GXよりSB850のAdvanced Clock Calibration

2010年のCebitで、890GXとSB850が発表された。

ここで重要なのは、890GXの3D性能や、SB850のSATA3.0ではない。

3Dゲームをやりたいなら、890GXではなく、ディスクリートGPUを用意するべきで、890GXでは、動画再生支援時のCPU負荷などをチェックしないといけない。
さらに、ドライバのCatalystでは、異なる世代のGPUの協調動作ができるなど、Fusionに向けた準備が進んでいるので、そこが重要だ。
また、HyperTransportが高クロック化した、Phenom II X6と組み合わせないと真の評価はできない気がする。

SB850では、クロックジュネレータが内蔵されたので、Advanced Clock Calibrationがどのように進歩したか、キーポイントだ。
ただ、890FXでないと本領発揮できないから、マチか。

はっきり言って、SATA3.0は関係ない。そんな速いストレージを普通は所有していない。
USB3.0はHDDをつなぐなら意味がある。

890GX+SB850、890FX+SB850、790FX+SB750の比較が知りたいね。

« オススメの自作PCを見積もる~その3 Quad Strike | トップページ | オススメの自作PCを見積もる~その4 マザーボードに悩みたい »

AMD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217868/47711016

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年Cebit 890GXよりSB850のAdvanced Clock Calibration:

« オススメの自作PCを見積もる~その3 Quad Strike | トップページ | オススメの自作PCを見積もる~その4 マザーボードに悩みたい »