ブログパーツマイリスト

無料ブログはココログ

« オススメの自作PCを見積もる~その5 Dragon Lore | トップページ | Phenom II X6のベンチマークの見所 »

2010年4月10日 (土)

おススメ自作PCを見積もる〜その6 黒シア降臨

ARIA The Origination DVD Boxの黒シアさんにやられたので黒シア構成。
黒シアさんらしく、ガワは白く、ハラワタは黒く行こう。

キーパーツ:Antec Solo White&コア復活&Phenom II X2 555BE 

CPU:Phenom II X2 555BlackEdition 10,000円
やっぱり、黒さといえば、Phenom IIのコア復活に限る。
黒いX2 555を、黒く使おう。

ケース:Antec Solo White 10,000円
PCケースには、白くて優雅なものというのが、なかなか無い。
シルバーはちょっと違うので、静かということもあり、Solo Whiteをチョイス。
Solowhite27

マザーボード:Asustek M4A89GTD PRO/USB3 18,000円
正統派なのに、Unlockスイッチがついた黒さがいい。

メモリ:OCZ3BE1600C8LV4GK 12,800円
マザーボードはDDR3-2000MHzまでいけるので、BEMPに対応したOCZ Technology OCZ3BE1600C8LV4GKを使用したい。
というより、Black Editionで黒くいきたい。
Amdblack_ddr3_dual_b

ビデオカード:Radeon 5450
Radeon 5450と890GXで、Dual Graphics(昔のHybrid CrossFire)を使おう。
ヘビーな3Dゲームなら、5670を買うべき。
3Dゲームをやらないなら、890GXで十分。
この中途半端さが黒いじゃないか。

・光学ドライブ
ARIA The Originationにはブルーレイがないので、DVDドライブを選択。

・ストレージ
ディスクアクセスを分散させる方が、単体で速いディスクを使うより効果がある。
OS用は500GBプラッタのディスクを使用。
パーティションは、OSインストールに64GB、残りはアプリケーションと2分割。

もう一つ、黒い要素が欲しいが、これはナカナカ端正整ったいい構成だと思う。
静かでオーセンティックで過不足なく、オーバークロックやコア復活といった遊びもできる。
オーバークロックで常用するなら、冷却の強化が必要かも。

黒シア降臨おみつもり
カテゴリ 商品名 実勢安値 備考
CPU X2 555BE 10,000円
マザーボード M4A89GTD PRO/USB3 18,000円
メモリ OCZ3BE1600C8LV4GK 12,980円
ビデオカード Sapphire RADEON HD 5450 6,500円
光学ドライブ Baffalo DVSM-24AS/V 2,980円
ストレージ Western Digital Caviar Blue WD5000AAKS 9,960円 2台
ケース Antec Solo White 11,000円
電源 Antec Top Power TP-550AP 11,140円
OS Windows7 Home Premium 64bit 13,000円 DSP版
合計 85,500円

« オススメの自作PCを見積もる~その5 Dragon Lore | トップページ | Phenom II X6のベンチマークの見所 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217868/48043232

この記事へのトラックバック一覧です: おススメ自作PCを見積もる〜その6 黒シア降臨:

« オススメの自作PCを見積もる~その5 Dragon Lore | トップページ | Phenom II X6のベンチマークの見所 »