ブログパーツマイリスト

無料ブログはココログ

« 若者がモノを買わないのではなく、「若者がどんなモノを買っているのかわからない」のだ | トップページ | 若者の××離れと言い出したら終わり »

2010年5月17日 (月)

Phenom II X6 1090Tにはリビドー全開のCrosshair IV Extremeか

Crosshair IV Formulaを買った人は悔しいのではないだろうか。

コア復活、オーバークロック、LucidによるRadeonとGeForceの混在と、やりたいことを全部やった、リビドー全開のマザーボード

PCI-Expressiも5本で、Radeon HD5870×4のCrossFireXに、Physx用のGTX285を加え、3D markの世界一を狙うのか。

PCI-Expressのレーン数が足りない気もするが、本当にすごい。

フォームファクターは、E-ATXになるだろう。
そんな大きなケースは、我が家に置けないし、CrossFireやるようなゲームはやらないし、そもそも腰痛だから長く座っていられない。

ただ、値段次第ではかなりそそる。まさにCrazy monster

これくらい面白いマザーボードは、なかなか見られるものではない。
Crosshairに限らず、890FXのマザーボードは高級品が多い。いい傾向だと思う。

« 若者がモノを買わないのではなく、「若者がどんなモノを買っているのかわからない」のだ | トップページ | 若者の××離れと言い出したら終わり »

AMD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217868/48387392

この記事へのトラックバック一覧です: Phenom II X6 1090Tにはリビドー全開のCrosshair IV Extremeか:

« 若者がモノを買わないのではなく、「若者がどんなモノを買っているのかわからない」のだ | トップページ | 若者の××離れと言い出したら終わり »