ブログパーツマイリスト

無料ブログはココログ

« CPU ロードマップ Fusionに見る次世代の姿 | トップページ | WindowsのグラフィックAPIモデル »

2010年6月 9日 (水)

CorsairがPhenom II 1090Tでメモリクロック2287MHz達成

メディアがあまり報じていないようなので。

Corsairが、最新のDominator GTX4と、Phenom II 1090Tで、メモリクロック2287MHzを達成した。

Corsairは、CPU NorthBridge(PhenomIIのメモリコントローラとL3キャッシュ。890FXではない)のクロックや電圧を明らかにしていない。

しかしながら、CPU NBの倍率を変更していなければ、レイテンシのタイミングなどで変化するが、2860MHz以下だろうと推測されている。

ただ、一番大事なのは、掛けた手間ほど、パフォーマンスはあがらないってさ。
まあ、メモリの速度を上げても、体感できないのは、よく知られているが、なんだかさびしいねえ。

« CPU ロードマップ Fusionに見る次世代の姿 | トップページ | WindowsのグラフィックAPIモデル »

AMD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217868/48580920

この記事へのトラックバック一覧です: CorsairがPhenom II 1090Tでメモリクロック2287MHz達成:

« CPU ロードマップ Fusionに見る次世代の姿 | トップページ | WindowsのグラフィックAPIモデル »