ブログパーツマイリスト

無料ブログはココログ

« Ninehundred ほこり対策(無加工) | トップページ | CPU ロードマップ CPU VS GPU論文は、Intelのオウンゴールではなく、勝利宣言 »

2010年8月 2日 (月)

GELID Silent 12 PWM レビュー

NineHundredに付属するファンは、全てペリフェラル4ピンのため、マザーボードやファンコントローラで制御できません。

取替えやすいNineHundredのリアファン用に、安価なPWM対応ファンが欲しかったので、購入。

スペック
・PWM対応4ピン
・750rpm~1500rpm
・リブ無し
・付属品はラバーブッシュ、ロゴシール

よい点
・PWM対応としては、最廉価。

・パッケージと本体のデザインが秀逸。
 本体の色使い、パッケージデザインはとても秀逸で、価格を超えたクオリティ。
Imga0061s

・ケーブルが、メッシュでまとめられた上に、しなやか。
 メッシュでまとめられている上に、しなやかで配線しやすい、目立たないですが品質の良さを実感できるポイントです。
Imga0062s

・静か
 最大1500rpmなので、静かです。

・無駄な線がなく配線の邪魔にならない
 マザーボードがPWMの4ピンに対応していれば、ファン独自にファンコントローラを持つ必要はありません。
 ファン独自のスイッチは邪魔になるだけ。
Imga0064s_2

はっきりいって、NineHundred付属のファンより、見た目も性能も、全然いいです。
0307s

本体とパッケージのデザインのよさ、ケーブルのしなやかさなど品質もよく、買って満足できる一品。
NineHundredのほかのファンも、これに交換してもよいと思うほどです。
0601s

ただ、GELID Silent12 PWMは光りません。
NineHundredには、電源のLEDがないため、フロントファンも交換すると真っ暗になり寂しいので、ちょっと躊躇しています

« Ninehundred ほこり対策(無加工) | トップページ | CPU ロードマップ CPU VS GPU論文は、Intelのオウンゴールではなく、勝利宣言 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217868/49041596

この記事へのトラックバック一覧です: GELID Silent 12 PWM レビュー:

« Ninehundred ほこり対策(無加工) | トップページ | CPU ロードマップ CPU VS GPU論文は、Intelのオウンゴールではなく、勝利宣言 »