ブログパーツマイリスト

無料ブログはココログ

« 苦戦するFX-8150のドカ食いと遅さは、Fermiに似ている | トップページ | Bulldozer(FX-8150)が、オーバークロック世界記録更新(8.46GHz)。なんとB2ステッピング »

2011年10月16日 (日)

AMDの32nmプロセスルールはIntelを超えたのか

AMDの32nmは歩留まりで苦戦しているが、Intelよりトランジスタが小さい。なんで20億トランジスタが300平方mmなんだ?

もちろん、コア、キャッシュ、スイッチでトランジスタは異なり、設計でも異なるが、大雑把にトランジスタとダイサイズで比べよう。

・.32nmの比較
FX-8150       :2000Mトランジスタ :315mm
Llano            :1450Mトランジスタ :228mm
Gulftown       :1170Mトランジスタ :240mm
Clakedale      : 384Mトランジスタ  : 81mm
SandyBridge : 995Mトランジスタ  :216mm

LlanoとSandyBridgeでは、GPUの大きさが異なるが、一目瞭然。
AMDの32nmの方が40%程度、Intelより小さい。

・45nmの比較
Thuban        : 904Mトランジスタ    :346mm
Nehalem      : 731Mトランジスタ    :263mm
Lynnfield  : 774Mトランジスタ    :296mm

なんと、AMDは、45nmから32nmへの移行で、トランジスタの大きさを41%にした。
しかし、アイドルはSandyBridge並みに低く、3.6GHzのフルロードでもPhenomIIを超えるくらい。

GLOBALFOUNDERIESは凄いことをしている。最高だぜ!

« 苦戦するFX-8150のドカ食いと遅さは、Fermiに似ている | トップページ | Bulldozer(FX-8150)が、オーバークロック世界記録更新(8.46GHz)。なんとB2ステッピング »

AMD」カテゴリの記事

コメント

http://www.anandtech.com/show/5176/amd-revises-bulldozer-transistor-count-12b-not-2b

1.2Bでしたw

つまらねえコメントするねえ、くだらねえな(笑)。

でもね、いくらIntelのトランジスタが無駄に大きいからって、「めがね糞テル」なんて卑下しちゃだめだよ(笑)。

間抜けテルなんかとまともに議論しても時間の無駄だよw

SOIとバルクの比較をしたいの?
それともAMDとIntelの比較をしたいの?

SOIがセルの面積を減らせることは、そもそものメリットだよ。

あと、ゲート幅を広くするためのレイアウトでダイサイズが増えているというなら、それこそアウト。
定格クロックは頭打ちで、オーバークロックの最高記録も7.3GHzどまり。
だから、トライゲートを作っていたんじゃないの?

AMDの方が、オーバークロックも8.585GHzに達しているし、先見性があるというなら、そのとおり。
High-kも導入したばかりで伸びしろもある。

あと、ゲートファーストとゲートラストの違いについても調べるといいよ。

SOIプロセスとバルクプロセスの違いを勉強することをお勧めする。

あと、MOSトランジスタは大きい(ゲート幅が広い(ゲート長ではない))方が高性能(動作が速い)ってのも調べてみるといいよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217868/53000430

この記事へのトラックバック一覧です: AMDの32nmプロセスルールはIntelを超えたのか:

« 苦戦するFX-8150のドカ食いと遅さは、Fermiに似ている | トップページ | Bulldozer(FX-8150)が、オーバークロック世界記録更新(8.46GHz)。なんとB2ステッピング »